せどり倍速マーケティング

坂本よしたか公式サイト

お金は無理ですけどコレでよければ…

お金は無理ですけどコレでよければ…

↓坂本よしたかは今何位?
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

坂本です!

将軍の零百無双が
相変わらず凄い反響です(^^;

http://sakamo.biz/t/EGArV1/

私の元にも多くの質問が寄せられているので
順次対応させてもらっています。

そのため、遅い時間に返信することも
ありますが、ご了承くださいね。

今、多くの方が零百無双の参加を
決意されています。

しかし、中にはまだ0からお金を
生み出す事が信じられない
と言った方が多いのも事実です。

そんな方達にお伝えしている
一番早い方法は不用品を売り払う事です。

実際に、このアドバイスだけで
何十万から何百万の資金を作った
生徒が多くいます。

また、「お金を下さい」
と言うと人は嫌がりますが
「いらない物を下さい」
と言うと意外と嫌がられません。

むしろ喜んでもらえたりします。

本当に?って思うじゃないですか?

もしかすると
「いらない物を下さい」
と言うのも億劫だと言う人も
いるかもしれませんね。

そんな人でも

「いらない物をあげます!」
「どうかもらって下さい!」

と言われたらどうしますか?

さすがにもらいますよね?

しかもそれがお金に変わると
わかっていれば尚更…

例えば…
信じられないかもしれませんが
こんな物をタダでもらう事ができます。
201708271

もちろん中古ですが
Amazonでは6,000円前後で
販売する事ができます。
http://sakamo.biz/t/WFSfYR/

しかも即売れです。

これで0から6,000円を生み出しました。

同じような商品はまだあります。
201708272

これもタダです。

同じくAmazonで10,000円前後で
即売れする商品です。

この2つをタダでもらうだけで
一瞬にして0から16,000円を
稼ぎ出す事ができます。

大事になるのは何度も
お話しているようにヘッドピンを
知る事なんです。

どこでどのようにこの商品を
タダでもらう事ができるのか?

もちろん、今、紹介したのは
ほんの一部ですが、これを
知ることが肝になってきます。

そして、それを知った瞬間に
あなたの収益は一気に加速するでしょう。

まさに零百無双状態に入るわけです。

ちなみに私は過去にこんな経験がありました。

ツタヤに仕入れに行った時に
利益の出るゲーム機本体を
大量に仕入れた事があったんです。

その時に、駄目元で価格交渉して
みたんですよね。

すると店員さんから
驚きの言葉が返ってきました。

「お値引きはできませんけど、
ゲーム機本体1台につき好きな
ゲームソフトを1つ差し上げますよ」

と。

さすがに耳を疑いましたね。

私「好きなソフトですか?」

店員さん「はいどうぞ」

自分で交渉したのに信じられずに
再確認しました。

私「高いのでもいいですか?」

店員さん「はい。好きなソフトなんで」

その時は結局、
ゲーム機本体を30台買って
1本6,000円のゲームソフトを
おまけで30本もらいました。

もちろん1本6,000円の
ゲームソフトは定価の話で
Amazonでは1万円以上で
売れている商品を選んでいたのは
ここだけの話です…(^^;

おまけだけで30万円以上の
利益を確定させていました。

少し話がずれてしまいましたが
お店もお金は嫌がられますが
物ならOKという場合があると
いうことです。

0からお金を生み出すことは
あなたが思っている以上に
実は簡単だと言うことです。

大事なのはやり方を
知っているか、知らないか、
本当にこれだけですからね。

私が色々と話すぎると将軍に
怒られてしまうかもしれませんので
今日はこれくらいで…

明日はまた、別の方法で
0からお金を生み出す方法を
お話しようと思いますので
楽しみにしておいてください。

それと0から100万円を稼ぐ事が
イメージできてきた人はすぐに
零百無双に参加してくださいね!

http://sakamo.biz/t/EGArV1/

すぐに結果が出る事を体感してもらい
今の生活を大きく変えてください。

質問や悩み相談も引き続き
受け付けているので、私でも
将軍でもいいので、気軽にメッセージ
くださいね。

スタートダッシュセミナーなどで
皆さんにお会いできる事を楽しみに
しています。

いつもありがとうございます。
↓ポチッと応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

↓【無料】必殺技!せどり売上倍速マーケティングメルマガ
m2

1241

限定募集! 転売ヤーズ倶楽部

Amazonキャンペーン大好評につき延長中!

坂本よしたか公式メルマガ

Return Top